保証人と借金消滅時効

借金には消滅時効があり、5年または10年の期間にわたり、債権者が権利を行使しないままこの期間が経過している場合に成立します。
消滅時効が成立する条件下で、債務者がその旨を主張するという意味がある時効の援用をおこなうことにより、債権者は権利を行使することが不可能になります。
これにより債務者は債務の弁済を免れるわけですが、連帯保証人にはこの時効はないのでしょうか。


この問いに対する回答ですが、保証人も消滅時効の恩恵を受けることは可能です。
したがって、消滅時効が成立している状態で主債務者の代わりに弁済を求められたとしても、消滅時効が成立していることを時効の援用により主張することで、責任を回避することが可能なのです。


しかしながら、これは主債務者にもいえることなのですが、時効の援用をおこなわなければ債務の弁済を免れることができないだけでなく、仮に消滅時効が成立している状態になっていたとしても、間違ったアクションを起こしてしまうことにより、時効が成立していた状態が解消されてしまうのです。


これを知らずに再び弁済をしなければいけないことになると、せっかく支払いの必要がなくなっていたものを、新たに払っていかなくてはいけなくなるのです。
当サイトでは時効の援用をどのようにしておこなうのかはもちろんのこと、この消滅時効がなかったことになってしまうケース、時効を援用する権利を失ってしまうケースについて解説しますので、古い債務がある人はとくに目を通しておくことをおすすめします。


■注目サイト
借金の返済方法についてアドバイスをしてくれるサイトです >>> 借金 返済方法